たらふく。

30代サラリーマンSEの日常。

タイメックス アイアンマン 8LAPの電池交換をした話

こんにちは。

だいぶ前に購入した腕時計の電池が切れてしまいましたので、電池交換を自分でやってみました。今回、電池交換をするのは「タイメックス アイアンマン 8LAP」です。

f:id:Tarax:20220309204039j:plain

最初はどうしようかなぁと考えていたんですが、時計屋さんに電池交換に行くのも面倒です。腕時計の裏蓋はネジで止められてるだけみたいなので自分できるかなって思って今回チャレンジしました。

注意点! 自分で電池交換をすると防水性能が下がる恐れがあります。基本的には防水で性能がなくなると考えた方がいいようです。

 

電池交換に必要なもの

まずは、「タイメックス アイアンマン 8LAP」の電池交換に必要なものを用意します。調べたところ、裏蓋のネジは精密ドライバーの#0を使えば良いみたいなので、それが入っているドライバーと交換する電池を購入してきました。

 

f:id:Tarax:20220309204045j:plain

2つともダイソーで購入することができました。100均で揃うなんていい時代です。交換する電池のサイズは「タイメックス アイアンマン 8LAP」の場合は、裏蓋に書いてありました。

f:id:Tarax:20220309204043j:plain

ちょっとこの画像じゃ分かりづらいかもしれませんが、下の方に「CR2016」と書いてあります。

電池交換をやってみる

まずは裏蓋のネジを取り外していきます。ドライバーは準備した精密ドライバーの#0を使っていきます。

f:id:Tarax:20220309204102j:plain

ネジが小さいので無くさないように慎重に取り外しして、保管します。

裏蓋を開けるとこんな感じです。

f:id:Tarax:20220309204049j:plain

中を見てみると電池はさらに3つのネジで固定されています。

ここも慎重に3本のネジを取り外していきます。取り外すとこんな感じになります。

f:id:Tarax:20220309204051j:plain

取り外したら、電池が粘着テープのようなもので固定されているので、電池を外して交換します。

f:id:Tarax:20220309204054j:plain

電池交換後。

f:id:Tarax:20220309204057j:plain

時計の基盤と電池を取り付けていきます。ネジをはずしたときと逆に3本のネジを取り付けていきます。取り付けた後に表を向けると…。

 

 

 

 

 

時計が動きました!

f:id:Tarax:20220309204059j:plain

時計が動いたのを確認できたので、最後の仕上げをしていきます。

ちょっと見ずらいですが、赤いやつに英語で「電池変えたらリセットしてください」って書いてあるので三角矢印の先にあるところを細長いもので押してやります。

f:id:Tarax:20220309204049j:plain

これであとは裏蓋のねじ止めをしていきます。

f:id:Tarax:20220309204104j:plain

ちゃんと動いてる(笑)。これで時間を合わせれば完了です。

まとめ

腕時計の電池交換なんてやったことありませんでしたが、意外と簡単にできちゃいました。ただ防水性能はどうなったかは不明(笑)。まぁでも普段水使うと言っても生活防水程度あれば十分なのできっと大丈夫!

普段やったことないことをやってみるのは面白いですね。自分でできそうなことは色々やってみたいと思います。

それではまた!